ジスロマックと下痢の副作用

ジスロマックで副作用が出た時の対処法

ジスロマックは副作用が起こりやすい

ジスロマックはクラミジアをはじめとするたくさんの性病治療に使われている薬剤です。併用禁忌薬などがなく安全性が高いため、最初の治療薬としてジスロマックが処方されることは多いのですが、体調や体質によっては副作用が起こるリスクがあるため、注意しなければいけません。ジスロマックは持続性のある抗生物質で、3日間服用すると1週間は効果が持続するという特徴がありますが、もしも副作用が出た時には、体内に薬剤成分が残っている期間は副作用も出てしまうことが多いですね。副作用がひどく出てしまうケースはごく稀ですが、副作用の中には日常生活に支障が出てしまう下痢などもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

下痢はいつまで続くのか?

成人だと下痢の副作用が出ることはとても少ないのですが、年齢が低い赤ちゃんなどは下痢を起こしやすいと言われています。成人でも体調や体質によって下痢になってしまうことがあり、下痢に伴って吐き気や腹痛などが起こることもあります。基本的に、ジスロマックのような抗生物質は服用期間の途中で止めてしまうのはNGなのですが、もしもこれらの副作用が出てしまい、日常生活に支障が出るような場合には、直ちに服用を中止して病院に行ってください。治療中の性病はジスロマック以外の薬剤でも治すことができるので、他の薬を処方してもらうことができます。

薬の飲み合わせには注意が必要

ジスロマック自体は副作用が出る確率はそれほど高くありません。しかし、他の薬と合わせて飲んだ場合には、薬同士の作用によって下痢などの副作用が強く出てしまうことがあります。ジスロマックには併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬は存在しているため、それらと合わせて飲む場合には、副作用が出るかどうかを注意しながら飲むようにしましょう。ちなみに、ジスロマックと合わせて飲む際に注意が必要な薬にはワルファリンやジゴキシン、シクロスポリンなどがあります。また、併用注意薬は副作用が強く出やすいだけでなく、お互いの作用を阻害し合ってしまうリスクもあるので注意しなければいけません。もしもすでに服用している薬がある人は病院を受診する際にお薬手帳を持参して、医師にジスロマックとの飲み合わせをチェックしてもらった上で、副作用などが少ない適切な薬を処方してもらうのが安心ですね。