ジスロマックの併用禁忌薬

併用禁忌薬はなくても副作用が多い薬

安全性が高い薬

ジスロマックはマクロライド系抗生物質に分類される薬で、他のマクロライド系薬剤と比べると、指定されている併用禁忌薬はなく、安全性はかなり高い薬です。風邪薬や胃薬などと併用してもそれほど副作用が出やすいという心配がないため、その点では安心できるでしょう。すでに持病を持っている人がジスロマックを服用する際には、現在飲んでいる薬とジスロマックの相性を医師にチェックしてもらう必要がありますから、受診の際にはお薬手帳を持参するようにしてくださいね。

ジスロマックの特徴

ジスロマックには特別注意しなければいけない併用禁忌薬はありませんが、出るかもしれない副作用の幅が広いという特徴があり、その点は注意しなければいけません。例えば、多くの人に見られる軽度の副作用としては、お腹が痛くなったり吐き気や嘔吐、体にブツブツができるなどの症状があります。また、血液中の白血球の数が減少するという症状が出ることもありますが、白血球は免疫力と大きな関係があり、減少することによって感染症などの病気にかかりやすくなってしまいます。特に風邪やインフルエンザなどの感染症は季節によってはとてもかかりやすくなりますから、注意したほうが良いでしょう。

人によっては、副作用が重度に出てしまうことがあります。体質や体調などによって副作用の出方は異なりますが、重度の症状になるとアナフィラキシーショックになって命にもかかわる重大な症状となってしまうこともあるので気を付けましょう。重度の副作用には肝機能や腎不全、肺炎や横紋筋融解症、スティーブンスジョンソン症候群、アレルギー性の紫斑病などがあり、もしもこれらの症状が出たら、直ちにジスロマックの服用をやめて、医師の診察を受けることが必要です。ジスロマックは持続性が高い薬剤で3日間服用を続ければ薬効が1週間継続するという特徴があります。そのため、体内に薬効が残っていると、薬の服用を中止しても1週間ぐらいは副作用が収まらないということもあります。症状によってはジスロマックの服用をやめるだけで放置するのは危険なので、速やかに受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

対症療法で薬を飲むのはOK?

例えばジスロマックの副作用で咳が出るようになった場合、自己判断で咳止めの薬を飲んでも、効果が出ないことがあります。その理由は、咳の原因がジスロマックによる副作用だからです。対症療法で薬を飲んだとしても、副作用が原因だと症状は治まらないので、医師に相談して適切な判断を仰ぎましょう。