ジスロマックは淋病にも効きます

淋病がジスロマックで治療できる

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質

マクロライド系の抗生物質に分類されるジスロマックは、淋病治療のために処方される薬ではなく、クラミジアやマイコプラズマなどの性病の治療薬として使われることが多い薬剤です。性病にはいろいろな種類がありますが、クラミジアと淋病は症状がとても良く似ているだけでなく、同時に発症することも多く、淋病およびクラミジアで病院を受診する人の約20%程度は、どちらも発症しているという統計もあります。ジスロマックは基本的にはクラミジアの治療薬として使われますが、淋病の治療効果もあるため、軽度の淋病の場合には、ジスロマックを服用することで治る可能性もあります。ただし、この薬剤で確実に淋病が治療出来るというわけではなく、淋病に効果が出る場合もある、という程度であることは理解しておいた方が良いでしょう。

必要となる薬剤の投与量が異なります

ジスロマックは、1日当たり500mgを3日間続けて服用すると、その薬効が1週間程度持続するという特徴があります。そのため、うっかり飲み忘れてしまうことが心配な患者さんに処方されることが多いのですが、クラミジアを治療するためのこの投与量では、淋病を引き起こしている細菌を完全に撃退するには十分な量ではありません。淋病の治療に必要と言われている投与量は1日当たり1000mgと言われていますが、1回だけの投与では十分に治癒出来ない患者さんが多いため、淋病の治療には別の薬剤が処方されることが多くなっています。もしもクラミジアと淋病の両方を発症している場合には、別々のお薬が処方されるのが一般的です。淋病の治療にジスロマックだけで治そうというのは難しいので、自己判断しないように注意しましょう。

治療中の注意点

クラミジアや淋病などの性感染症は、パートナーから感染することが多く、自分が感染しているということはパートナーもまた感染している可能性が高いものです。ジスロマックを使ってクラミジア及び淋病の治療をする場合には、自分だけでなくパートナーもきちんと検査を受けて、必要があれば治療をするようにすすめましょう。自分だけが完治できてもパートナーがまだ感染していれば、再感染するリスクは高いですよね。クラミジアと淋病に限ったことではありませんが、性感染症の場合にはパートナーと一緒に治療に取り組むことが必要となります。完治しないまま放置すると、感染がどんどん広がってしまうので、早期治療が大切です。