goldstonefacts.org一覧

クラミジア治療でジスロマックを飲んで下痢に

彼氏と別れた直後にクラミジアに感染していることを知り、病院でジスロマックを処方してもらいました。副作用として下痢になり、薬の服用は3日間だけでしたが、下痢は10日ぐらい続きましたね。でも日常生活に支障が出るレベルではなかったので、そのまま放置しました。

ジスロマックと下痢の副作用

ジスロマックはあまり副作用が出ることは少ない薬ですが、まれに下痢や腹痛、めまいなどの副作用が出てしまうことがあります。日常生活に支障が出るレベルの副作用が出た場合には、直ちに服用を中止して病院に行くようにしてください。

ジスロマックの淋病治療の飲み方

ジスロマックはクラミジアの治療薬としてよく使われる薬剤ですが、淋病の治療効果も認められています。特に従来の淋病治療薬に対して耐性を持つ菌が増えている昨今では、ジスロマックによる淋病治療が増えていくことが予想されています。

ジスロマックは淋病にも効きます

ジスロマックは主にクラミジアの治療薬として使われる抗生物質ですが、淋病の治療効果もあります。しかし、クラミジアと淋病とでは必要となる投与量が異なるため、ジスロマックだけで淋病の治療を行うことは多くありません。

ジスロマックは個人輸入で買えます

ジスロマックは、病院で医師に処方してもらう方法以外にも、個人輸入で入手することができます。製造国や出荷国、そして価格が異なるので、複数の商品を比較検討しながら、品質や衛生の点で安心できる商品を選ぶのが良いでしょう。

ジスロマックの併用機新薬

ジスロマックには併用禁止薬はありませんが、併用することによって副作用が出るリスクのある併用注意薬は存在しています。必ずしも副作用が出るわけではありませんが、万が一のときにはどのように対応すればよいのか医師に相談しておくことが必要です。

ジスロマックの併用禁忌薬

ジスロマックには指定されている併用禁忌薬はありませんが、出るかもしれない副作用の幅が広いという特徴があります。副作用によっては命にかかわることもあるため、放置せずに速やかに医師の診察を受けて適切な対応をすることが必要ですね。

ジスロマックと併用禁止薬は

マクロライド系抗生物質の中でもジスロマックは安全性が高い薬剤で、指定されている併用禁止薬はありません。しかし、他の薬と併用する際には、かならず医師に相談して安全性を確認した上で服用するように心がけましょう。場合によってはひどい副作用のリスクがあります。

ジスロマックの併用禁忌

ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質の中では併用禁忌が少なく安全性が高い薬剤として知られています。しかし場合によっては薬同士の相性が悪くてアレルギー症状をはじめとする副作用が出るリスクがあるので、服用に際しては注意が必要です。

ジスロマックの服用方法

ジスロマックの服用は、基本的には1日1回500mgを服用し、3日間続けることによって薬効が1週間継続することになります。性病以外の治療にも使われる薬ですが、性病治療でクラミジア感染症に大きな効果が期待できるお薬です。